おすすめの仙台お土産!仙台に来たら要チェックなお店・食べ物

仙台のお土産には、民芸品から食料品までさまざまなものがあります。

その時期しか買えない季節限定商品も。

今回はそんな仙台のお土産のおすすめ商品やおすすめのお店をご紹介します。

ぜひ、この記事をチェックして仙台に来た際の参考にしてみてくださいね。

 

購入したオススメの仙台土産

仙台駅

 

まず仙台のお土産として、わたしが買ったものをご紹介します。

民芸品を買うならば、忘れてはいけないのが「彩りそえる しまぬき」というお店です。

宮城県の民芸品をいろいろ買えるのですが、ここで発見したのが玉虫塗です。

この店オリジナルの、こけし柄の光沢ある小箱を購入。

ミニこけしに手紙を詰めて郵送できる通信こけしもあわせて購入しました。

 

わたしが行った時(2012年3月)は売ってなかったような気がするのですが、こけし缶や仙台駄菓子缶、仙台ハーブティー缶も可愛くてお土産にぴったりかも。

「ことりっぷ」を観光ガイドとして持参したのですが、ここには仙台駄菓子のお店も紹介されていて、時間があれば行きたいなと思っていました。

 

こけしのイメージ写真

 

しまぬきには、他にも年代物のこけし、こけし型懐中電灯・明かりこけし、仙台の土人形・堤人形など注目の商品がいろいろ売られていました。

しまぬきは、デパート藤崎近くの本店以外に、仙台駅横のエスパル本店内にも支店があります。

 

他に買ったのは、一部では有名なbook cafe火星の庭の店長さんが書いた本で、これはせんだいメディアテークで買った気がします。

 

仙台駅では宮城の物産展が開かれていて、昔から好きな一ノ蔵の発泡日本酒「すず音」を購入しました。この日本酒は女性好みでかなりおすすめです。

 

ビーフジャーキー

 

他に、牛たん通り・すし通り(ずんだ通りも追加されている!)の近くのお土産処で、山形名物・オランダせんべい(オレンジ色のパッケージが可愛い)、伊達の牛たん本舗のビーフジャーキーを購入。

そして、期間限定だと思うのですが、中村屋のミニ海宝漬(あわびやいくらが入った豪華版)も購入しました。

新幹線ホームで萩の月やチーズ入り笹かまも買った気がします。

 

 

その他に気になった仙台土産

 

その時は買わなかったのですが、松沢蒲鉾店というお店の前を通ったら、黒一色で描かれたお魚のシャッターが閉まっていて、可愛いので記念に写真を撮りました。

ホームページを見たら、「笹のかほり」という商品はその絵柄がパッケージに使用されているようです。

 

冬に行ったので、仙台三越のデパ地下にある九重本舗玉澤の「霜ばしら」も見に行ったのですが、結局買わず。この商品は溶けやすいので、10月から4月の限定商品だそうです。

仙台三越には、白松がモナカやふじや千舟の支倉焼なども売っていました。

これらの商品はエスパルの本館地下1階でも売っているようです。

 

仙台駅前にNEWお土産ショップオープン!

仙台の街の風景

 

今ネットで検索していたら、エスパルの東館2階に今年の春、「伊達のこみち いろといろ」というお店がオープンしたようで、弥治郎こけしと白石温麺のコラボ商品やサヴァ缶などパッケージが可愛い東北関連の商品がいろいろ売られているようです。

 

このフロアは他にも新しいお店が充実しているので、仙台でお土産を買うならば立ち寄ってみたいスポットですね。

 

以上、仙台を観光で訪れる際におすすめのお土産をご紹介しました。

 

気に入ったものがあったら、ぜひ自宅に持ち帰ってみたり、ご家族やご友人へのお土産として買ってみてくださいね。