仙台グルメのおすすめスポット!牛タンずんだだけじゃない?

仙台グルメのおすすめスポット!牛タンずんだだけじゃない?

仙台のおすすめグルメといえば、牛たん、笹かま、ずんだなどメジャーなものがあります。

これらの他にも、仙台のおすすめのグルメが多く存在します。

この記事では、わたしが実際に旅の途中で食べたものや有名なグルメ店、郷土料理などをご紹介します。

 

 

仙台グルメといえば牛タン!牛タン専門店「青葉亭」

牛タンの写真

 

仙台グルメのおすすめといえば、やはり牛たんでしょうか。

有名店は数あれど、わたしが選んだのは仙台駅直結エスパル本館の地下にある青葉亭です。

 

青葉亭は牛たん専門店ではあるのですが、おしゃれな雰囲気で女性一人でも違和感なく入れます。

特にウッディーなカウンター席は、お酒を飲みながらまったりするのにうってつけでした。

盛られる器は白を基調としたスタイリッシュなもの。

 

今は無いようですが、青葉亭ビールセットという、ジョッキビールに牛たんのおつまみが3種盛られたものを注文しました。

牛たんカレーや牛たん入りハンバーグなど、普通の牛たん屋さんではなかなか置かれていないメニューがあったり、牛たん焼きに柚子胡椒が添えられていたり、一工夫されたメニューを食べることのできるお店です。

 

牛タンの写真

 

アラカルトメニューも充実しているので、酒飲みにもなかなかやさしいお店でした。

お酒もお店の雰囲気にあわせ、ワイン・シャンパン・カクテルなどが取り揃えられています。

もちろん、ビールや日本酒、焼酎、ソフトドリンクもあります。

こちら、かなりおすすめのグルメスポットです。

 

ちなみに、同じフロアには牛たんの有名店・味の牛たん喜助や伊達の牛たん本舗もありました。

エスパルには無いですが、利休や味太助も有名な牛たん店です。

 

 

仙台の夜に、「そば処まるまつ」

そばの写真

 

その翌日の夜は、同じくエスパル本館の地下にある、そば処まるまつに行きました。

こちらのお店もカウンターがあるので、一人で入りやすい雰囲気でした。

 

東北の日本酒が数種類もっきりで飲め、わたしは浦霞を飲んだと思います。

メインのそばメニューの他、夜は一品料理も選ぶことができます。

こちらのお店は仙台では有名なそば屋さんのようです。

 

朝は宿泊したホテル・モンテエルマーナでも朝食をとることができたのですが、ちょっとお高めなのでホテルでは食べず。

仙台駅近くのホテルに宿泊したこともあって、自然と仙台駅周辺で食事することが多くなりました。

 

ホテル・モンテエルマーナの朝食では、宮城名物のはっと汁や蔵王名物・玉こんにゃく、東北名物・しそ巻きも食べられたようです。

 

 

 

仙台の美味しいパン屋

パンの写真

 

朝食は仙台駅1階Dila仙台のベーカリーカフェDERINA仙台店でいただきました。このお店にはイートインコーナーがあり、一人でもかなり入りやすい雰囲気です。

しかし、立地条件が良いこともあり、いつも混んでいた記憶があります。

 

モーニングタイムは、その日のモーニングパンを100円で食べることができます。

わたしはふだんからちょっと変わったパンを食べたくなる傾向にあるのでそれは選ばず、一番人気のちくわパンともう一種類を食べたと思います。

 

今は「ヨリ未知SENDAI」という企画のために開発された笹かまチーズ揚げパンも人気があるようです。

DERINA仙台店は惣菜パンが多めの、気軽に入れるパン屋さんでした。

 

 

その他おすすめグルメ!

笹かまの写真

 

仙台駅の3階に、すし通り・牛たん通り・ずんだ小径というグルメ満載の場所があります。

仙台名物をここですべて制覇することも可能です。

 

仙台駅直結のエスパル東館2階にある「伊達のこみち」では阿部蒲鉾店のひょうたん揚げなどの名物も食べることができますよ。

行かなかったのですが、アエル2階のほしやま珈琲は仙台では有名なコーヒーショップです。

 

前の記事にも書いた、せんだいメディアテーク内のクレプスキュールカフェと仙台城跡の甘味喫茶「萩」もおすすめです。

 

結局立ち寄らなかったのですが、西公園に巨大こけし塔を見に行ったにもかかわらず、すぐそばにあるずんだもちが有名な源吾茶屋に行けなかったのが残念です。

 

仙台駅前の写真

 

以上、仙台のおすすめグルメスポットをご紹介しました。

 

仙台に観光に訪れる機会があったら、ぜひ今回ご紹介した店に立ち寄ってみてくださいね。

 

仙台から東京に引っ越しした友人のタレコミ情報

東京に引っ越しした友人が、東京にも利休があるといってました。でも、やはり仙台で食べる利休とは、味とは違うそうです。

それと、この友人は、仙台から東京までレンタカーでトラックを借りて引っ越ししたのですが、かなり安く上がったそう。

下記サイトでは、レンタカーでトラックを借りて自分で引っ越しするより、引っ越し業者を使ったほうが安いと書いてあります。
レンタカーでトラックを借りて、引っ越しや荷物を安く運びたいなら…
https://www.xn--lcki0cry2rra0d9d.net/

上記のサイトに書いている通り、一括見積もりで料金が安くなることもあり、実際面倒はなくなりますが、自分でトラックを借りてやってしまえば、少なくとも料金は最低でできるそう。
値段重視の人は、そのようにするといいと思います。

おすすめの仙台お土産!仙台に来たら要チェックなお店・食べ物

おすすめの仙台お土産!仙台に来たら要チェックなお店・食べ物

仙台のお土産には、民芸品から食料品までさまざまなものがあります。

その時期しか買えない季節限定商品も。

今回はそんな仙台のお土産のおすすめ商品やおすすめのお店をご紹介します。

ぜひ、この記事をチェックして仙台に来た際の参考にしてみてくださいね。

 

購入したオススメの仙台土産

仙台駅

 

まず仙台のお土産として、わたしが買ったものをご紹介します。

民芸品を買うならば、忘れてはいけないのが「彩りそえる しまぬき」というお店です。

宮城県の民芸品をいろいろ買えるのですが、ここで発見したのが玉虫塗です。

この店オリジナルの、こけし柄の光沢ある小箱を購入。

ミニこけしに手紙を詰めて郵送できる通信こけしもあわせて購入しました。

 

わたしが行った時(2012年3月)は売ってなかったような気がするのですが、こけし缶や仙台駄菓子缶、仙台ハーブティー缶も可愛くてお土産にぴったりかも。

「ことりっぷ」を観光ガイドとして持参したのですが、ここには仙台駄菓子のお店も紹介されていて、時間があれば行きたいなと思っていました。

 

こけしのイメージ写真

 

しまぬきには、他にも年代物のこけし、こけし型懐中電灯・明かりこけし、仙台の土人形・堤人形など注目の商品がいろいろ売られていました。

しまぬきは、デパート藤崎近くの本店以外に、仙台駅横のエスパル本店内にも支店があります。

 

他に買ったのは、一部では有名なbook cafe火星の庭の店長さんが書いた本で、これはせんだいメディアテークで買った気がします。

 

仙台駅では宮城の物産展が開かれていて、昔から好きな一ノ蔵の発泡日本酒「すず音」を購入しました。この日本酒は女性好みでかなりおすすめです。

 

ビーフジャーキー

 

他に、牛たん通り・すし通り(ずんだ通りも追加されている!)の近くのお土産処で、山形名物・オランダせんべい(オレンジ色のパッケージが可愛い)、伊達の牛たん本舗のビーフジャーキーを購入。

そして、期間限定だと思うのですが、中村屋のミニ海宝漬(あわびやいくらが入った豪華版)も購入しました。

新幹線ホームで萩の月やチーズ入り笹かまも買った気がします。

 

 

その他に気になった仙台土産

 

その時は買わなかったのですが、松沢蒲鉾店というお店の前を通ったら、黒一色で描かれたお魚のシャッターが閉まっていて、可愛いので記念に写真を撮りました。

ホームページを見たら、「笹のかほり」という商品はその絵柄がパッケージに使用されているようです。

 

冬に行ったので、仙台三越のデパ地下にある九重本舗玉澤の「霜ばしら」も見に行ったのですが、結局買わず。この商品は溶けやすいので、10月から4月の限定商品だそうです。

仙台三越には、白松がモナカやふじや千舟の支倉焼なども売っていました。

これらの商品はエスパルの本館地下1階でも売っているようです。

 

仙台駅前にNEWお土産ショップオープン!

仙台の街の風景

 

今ネットで検索していたら、エスパルの東館2階に今年の春、「伊達のこみち いろといろ」というお店がオープンしたようで、弥治郎こけしと白石温麺のコラボ商品やサヴァ缶などパッケージが可愛い東北関連の商品がいろいろ売られているようです。

 

このフロアは他にも新しいお店が充実しているので、仙台でお土産を買うならば立ち寄ってみたいスポットですね。

 

以上、仙台を観光で訪れる際におすすめのお土産をご紹介しました。

 

気に入ったものがあったら、ぜひ自宅に持ち帰ってみたり、ご家族やご友人へのお土産として買ってみてくださいね。

仙台城跡で仙台の歴史にふれる、仙台の旅

仙台城跡で仙台の歴史にふれる、仙台の旅

仙台城跡は、初代仙台藩主伊達政宗が1610年に築城しました。

現在建物自体は残っていないものの、有名な仙台の観光名所として知られています。

城跡には、伊達政宗の銅像や本丸会館などがあり、いろいろ楽しむことができます。

そんな魅力いっぱいのスポットに行ってきました!

 

るーぷる仙台で仙台観光

仙台城の石像

 

仙台の観光スポットとしてはずすことができないのが、仙台城跡と瑞鳳殿です。

瑞鳳殿は時間の関係と伊達政宗のお墓ということで行かなかったのですが、ループバス・るーぷる仙台に乗ると、途中で瑞鳳殿近くのバス停を通ります。

 

瑞鳳殿の写真

 

このバスは仙台駅前から発車するのですが、そこの名称はバスプールという名前で、バスターミナルじゃないんだ!とちょっと驚きました。

話はそれますが、この前、北海道の一部ではバスターミナルのことをバスタッチと呼ぶことをはじめて知りました。

 

バスの写真

るーぷる仙台は観光スポットを巡るので観光客には向いていますが、一方向にしか行くことができません。

また、ルートが大回りだったりするので、時間がない時にはあまり向かないバスですね。

平日は20分、休日は15分間隔で運転しています。

 

 

伊達政宗の仙台城跡

仙台城跡の石垣

 

仙台城跡バス停で下車し、少し坂を上がるとそこは仙台城跡です。

仙台城(青葉城)は、もともと徳川家康に脅威を抱かせぬよう天守閣を造らなかったそうです。

さすが「独眼竜政宗」(このドラマのイメージが強い)的発想と思いました。

仙台城跡には、再建されたやぐらや伊達政宗の騎馬像、青葉城本丸会館、宮城県護国神社などの施設がある他、飲食店もちらほら。

まずは、お約束の伊達政宗の騎馬像前へ。

 

伊達政宗騎馬像2

 

その日は雪がまだ残る日だったのですが、伊達武将隊のメンバーが5人位集合。

騎馬像横にはやはり伊達政宗がいて、ファンの女性に囲まれていました。

写真を撮ろうとしたら、ファンの1人の方が親切にもスペースを空けてくれました。

 

伊達政宗の顔

 

他のメンバーはファンがあまりいなくて写真が撮りやすそうでしたが、逆に1対1はちょっと気まずいと思い撮影しませんでした。

武将隊のお供の方が観光客に声をかけてカメラのシャッターを代わりに押していたのも印象深いです。

ちなみに、伊達武将隊のその日のスケジュールは、ホームページでチェックすることができますよ。

わたしは偶然出会ったので、ちょっと得した気分でした。

 

 

夜の仙台城跡も魅力的?

毎日日没から23時まで、伊達政宗騎馬像と石垣がライトアップされるようなので、夜に行ってみると、また違った雰囲気が味わえていいかもしれませんね。

 

仙台城から見る夜景

 

また、騎馬像の正面では、仙台の街を見渡すことができます。

ここから絶好の夜景が見られるようなので、より素敵かもしれません。

バス停に戻る途中にある青葉城本丸会館では、お土産が買える他、伊達政宗の鎧や手紙が展示された青葉城資料展示館などの見学もできます。

本丸会館では、こけしの実演も行われていると後から知りました。

私は本丸会館には入らなかったのですが、行っておけば良かったかも、とちょっと後悔しました。

 

 

甘味喫茶「萩」で仙台の味を堪能

バス停にかなり近い甘味喫茶「萩」では、畳の席に座り、ずんだ・くるみ・ごまの3種類の餅が楽しめる三味セットを食べました。

ずんだオンリーのメニューもあったのですが、結果的にはこちらを選んで大正解。

つきたてのお餅に餡がからんで、とてもおいしかったです。

他にも、伊達の牛たん本舗やずんだシェイクが飲める菓匠三全などのお店もあります。

 

ずんだ餅のイメージ写真

 

仙台城跡は王道ではありますが、やっぱりおすすめの仙台観光スポットです。

ぜひ行ってみてください!

世界中の蝶に圧倒される、カメイ美術館!

世界中の蝶に圧倒される、カメイ美術館!

絵画やこけしと共に展示される大量の蝶の標本。

アートな気分に一瞬にして浸れる、ミニ博物館「カメイ博物館」を紹介します。

 

 

カメイ美術館って?

仙台駅の写真

 

カメイ美術館は、仙台駅から地下鉄・南北線で、南側に1駅行った五橋駅近くのカメイ五橋ビル内にあります。

カメイ美術館には……

  • 蝶の標本
  • こけし
  • 絵画
  • 彫刻

などが、主に展示されています。

まず入口に入ったら、エレベーターで7階に向かい、絵画のコーナーから。

絵画展示室には、仙台ゆかりの画家の作品が展示されています。

また、数か月ごとに企画展が開催されています。

今年はグランマ・モーゼスの展覧会も開催されたようです。

 

蝶のイラスト

 

 

このコーナーでは、他のお客さんには1人位しか会わなかったこともあり、広いスペースでゆっくり絵画鑑賞できました。

年に数回コレクション展が開催されているので、タイミングによっては、梅原龍三郎や藤田嗣治など、近代の有名絵画も見ることができます。

 

 

 

伝統こけし最新工人録出版記念展

さらに、下のフロアに階段で降りると、こけしと蝶のコーナーがあります。

わたしはこけしが目当てで出かけ、その時は「伝統こけし最新工人録出版記念展」が開催されていました。

 

こけしの写真

 

その時にもらった展覧会のチラシに描かれていた水彩画は、こけしやこの展示のために作られた本が描かれていました。

それらは、味があって良い絵だなと思いました。

 

帰りには、ミュージアムショップでお土産に、工人録を買って帰りました。

この時は工人録に掲載された、工人さんの作品を三期にわけて展示していて、いろいろな作家の作品が見ることができました。

ちょっとスペースは狭めですが、貴重なコレクションも見ることができます。

現在は、津軽こけし館で気に入った、今晃さんの作品展を開催中です。

 

 

圧倒される蝶のコレクション

カメイ美術館に実際に行って一番驚いたのは蝶のコレクションの豊富さです。

額縁のようなガラスケースに入った、蝶の標本が部屋中に展示されています。

 

蝶の標本

 

60年以上に渡って14,000点以上の蝶を集めたようで、かぶとむしなども展示されています。

日本ではあまり見ることができない外国の蝶も展示されていました。

中でもわたしは、青色で少し光ったような柄の蝶が気になりました。

 

蝶の標本2

 

わたしは虫嫌いではないですし、最近は近所の田んぼや畑のそばをサイクリングしています。

そんな中で、蝶などの虫を発見するのも楽しみの一つです。

しかし、あまりにも蝶がいっぱい(それも標本)なので若干怖くなった部分もありました。

 

このコーナーは、虫好きな方にはかなりおすすめですが、虫嫌いな方にはおすすめできません。

虫嫌いな人は、エレベーターで降りれば、蝶のコーナーを通らずに、移動は可能です。

他にも、100種類以上の蝶の羽を使った芸術作品「人間讃歌」も展示されています。

 

ぜひカメイ美術館へ

カメイ美術館は、入場料が大人300円と手ごろな値段でした。

また、ミュージアムショップでは、蝶・こけしなどに関連した本やグッズなどの購入もできます。

 

仙台の町並み

 

もし仙台に観光に来たときに、少し時間が余った場合などには、カメイ美術館に立ち寄ってみることをオススメします!

せんだいメディアテークは、仙台のアート発信基地!

せんだいメディアテークは、仙台のアート発信基地!

杜の都仙台には、現在でも全国的にはあまり知られていない、魅力的なスポットが多くあります。

今回その中の一つとして、仙台民のなかで有名なスポット「せんだいメディアテーク」を紹介します。

 

せんだいメディアテークってどんなところ?

 

伊達政宗の写真

 

せんだいメディアテークは、建築家の伊藤豊雄さんが設計した、ガラス張りの外観が特徴的なスタイリッシュな建物です。

 

メディアテークの内部の写真

 

八戸に「はっち」という文化施設があるのですが、その建物はせんだいメディアテークを参考にして造られたようです。

 

せんだいメディアテークの中には図書館もあり、市民が気軽に利用できるような雰囲気です。

また、せんだいメディアテークは、ケヤキ並木が続く定禅寺通りに面していて、散歩ついでに立ち寄りやすい雰囲気がします。

 

定禅寺通り

 

魅力的なアートグッズのお店

1階には「はっち」にもある、カネイリのショップが入っていて、いろいろなアートっぽいグッズが販売されています。

結局買わなかったのですが、個人的にとても欲しいな、と思ったのは平泉・翁知屋の玉小箱です。

ちょっとえじここけしのようで、子供の表情がほのぼのしています。

あと、リサ・ラーソンのneconoカメラを発見したのも、こちらのお店です。

 

こけしのイメージ画像

 

お土産で買ったのは、伊藤豊雄さんデザインのPILOTの油性ペン。

黄緑色のデザインが、どこかきりんの柄を思い起こさせます。

ショップ袋は、白地にカネイリミュージアムショップの黒いマークが印刷されたものでした。

とてもおしゃれで、もらえて良かったです。

 

東北に関連したグッズも多く扱われているので、アート系が好きなお友達へのお土産を買うのにおすすめなお店です。

 

 

ベルギービールのクレプスキュールカフェ

ベルギービールのイメージ画像

 

1階ではベルギービールのお店、クレプスキュールカフェにも入りました。

東京にいくつかグループ店があるのですが、東京都写真美術館にあるお店に入ったことがありました。

でも、東京都写真美術館のリニューアルでそのお店は無くなってしまったようです。

 

クレプスキュールカフェには、1階の他の場所もそうであるように、ビタミンカラーのカラフルなテーブルや椅子が置かれています。

1人でも気軽に利用可能な雰囲気で、わたしは昼間からベルギービールを飲んでしまいました。

もちろん、ベルギービール以外のドリンクメニューもありますし、フードメニューも充実しています。

 

わたしが行った時は平日でしたが、隣のオープンスペースで、「大学の卒業設計日本一決定戦」が開かれていたので、にぎわっていました。

イベントが開催されていない時は、もう少しゆっくりできるかもしれません。

 

他に気になったのは、1階の「てつがくカフェ 考えるテーブル」の看板です。

せんだいメディアテークでは、定期的に、この対話するイベントが開催されているようです。

 

話し合いをする風景

 

1階にしか行かなかったのですが、写真展などのイベントも上の階のギャラリーでいろいろ開催されているようです。

 

仙台駅前の写真

 

仙台に観光で来られる際に興味があったらぜひ訪れてみてください。